適職診断例 – 公務員(38歳女性)の方のケース

ご相談者は、38歳の女性です。現在、公務員をされていますが、3年おきの異動の時期が4月に巡ってくる前に、社労士として独立すべきか、転職すべきか、とりあえずどこに配属になるか見てから行動を起こすか悩んでおられます。

 

 

彼女のルミナ(アセスメントツール「Lumina」を使用)は、比較的バランスが良い、気をつけないと「器用貧乏」になるタイプです。大体のことはこなせるので、属する組織の方でも使い勝手のいい人材ということになり、本人がしっかりしていないと、あれもこれもできるジェネラリストながらどの分野のスペシャリストでもない人材になり、後々、困ることになります。ご本人も、ひどく頷かれていたので、思い当たる節はあるのでしょう。

「人間関係重視」と「結果重視」、「直感重視」と「規律重視」、両立はするけれど、実際に両立している人はそう多くはない、一般的に言う対立軸を見事にお持ちです。

現在、お金を取り立てるお仕事をされていて、実は適職に就かれています。個人と人間関係を短期間で築いて、お金を払ってもらう。つまり、数字で測れるお仕事で「結果重視」の方向きです。実際、成績は常によく、上司からも褒められているそうです。

外資なら、このような人材を配置転換することはありえませんが、4月に間違いなく異動になるとわかっているそうです。周りを見ていると、これまでの職歴の延長線上でない可能性は高く、今より向いていると思える仕事につけると思えないというのが、ご本人の判断です。

ルミナの結果を拝見した時、「独立に特に向いてはいない」とお見受けしました。最終的にはご本人のやる気次第なので、ここで価値観のカードを並べてもらいました。通常の、キャリア・カウンセリングには使いませんが、バランスが取れているルミナの型の場合は、価値観のカードが有効なのです。価値観のカードとは、「独立」「コミュニケーション」「肩書き」などいろいろな単語が描かれているカードです。これらを、「最重要」「重要」「普通」「さほど重量でない」「不要」に並べることにより、現在の価値観の優先順位を表し、表面化していない深層心理を表に出します。

彼女の現在の価値観で、最重要は「専門家」、重要のトップは「学習」、そのあとは、人間関係重視のカードは並びました。「協調性」「コミュニケーション」「他者の支援」など。起業を表す「独立性」と「チャレンジ」は、重要カードの列に入っていますが、順位が下の方です。

ここからわかることは、下記の4点です。

  1. 今すぐの起業は、いずれにしても心の準備が整っていないので選択肢に入らない。即、起業したいのであれば、この二つのカードが最初に出てくるはずです。
  2. 人を支援したり応援したり、育成したりする仕事、ルミナの緑(人間関係重視)を使った仕事を主軸にすると、満足感が高いと思える 。
  3.  ただし、NPO/NGOは、結果が目に見えるものでないと最終的に「結果重視」が満たされないので注意が必要 (一度、NPOを手伝われて全く同じ理由で離れたそうです。)
  4.  自分のキャリアがジェネラリストにならないように気をつけて、キャリアを形成することが望ましい。

“すぐ起業する”が選択肢から外れたので、あとは、ここで転職するか、4月以降まで様子を見るかの二択となりました。個人的に、転職をお勧めしました。ご本人がすでに転職活動をスタートしていて、人生に「変化」を求めていると感じたこと、ご年齢を考えるとタイミングよしと判断したからです。

最終的にどの道を進まれるかは、彼女の判断になります。カウンセリングが終わって、ご感想をお寄せくださったのでシェアさせていただきます。

「(前略) ルミナを受けさせていただきまして、私自身漠然と持っていた性格や指向性がはっきりと示されていまして、大変驚きましたし、大変納得もいたしました。また、鈴木様の優しく、親身なカウンセリングでかつ的確なアドバイスをいただきまして、今後のキャリアプランを立てていく中で大いに参考になりました。 今回の良い機会を無駄にせず、大いに活かしていきたいと思います。
また、機会がございましたら、ご相談をさせていただいたり、私に合うセミナーなどございましたら、ご案内いただければ幸いでございます。
寒い日が続いております。お体にお気をつけください。」