5/19(水)『ホフステード異文化モデル: 入門編』を開催

オンラインサロンのイベントで、ホフステードの6次元異文化モデルについてのセッションを開催しました。

ホフステードは、世界の文化を6つの軸で分類することで、国民性の特徴・仕事をする上での注意点を学べる理論です。

6つの軸とは下記になります。

◆ 権力格差
◆ 個人主義 vs 集団主義
◆ 男性性 vs 女性性
◆ 不確実性回避
◆ 短期志向 vs 長期志向
◆ 人生の楽しみ方

今、自分たちが仕事をしている上司・同僚・本社のメンバーの出身国、長く住んだ国のホフステードのスコアをどう読み解き、仕事でのコミュニケーションに活かすかをグループで考え、アクションリストを作成しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL