『グローバル人材塾』でチャイナ・ナイトを開催

10/21(水)、「鈴木美加子のグローバル人材塾」で”中国人と仕事をするコツ”について学びました。

外部からのゲスト・スピーカーは佐々木順子さん。 元・IBM執行役員、元・マイクロソフト執行役員、現在、三井住友信託銀行など4社の社外取締役を務める佐々木さんは、IBMチャイナ時代に上海に駐在し、MAX2,300人の中国人を率いていました。
自らの経験から、中国人と仕事をするコツとして下記を挙げてくださいました。

– 自己肯定感が高く、アウトプットの質へのこだわりが低いので頻繁にコミュニケーションを取って、仕事が雑になることを避ける。

– はっきり明確に指示が出せない人は舐められるので要注意。

– リスクを取ることができて、考えすぎないで行動できるところを日本人が少し見習えたら素晴らしいと思う。

– 給料を見せ合い、比較の結果に納得できないと喰い下がられたりするので、常に具体的に「なぜ」を説明できるようにする。

-「関係」の内側なのか外側なのかで態度が大きく変わるので、内側に入れるよう彼らのプラスになる存在と思われる事が重要

具体的なエピソード豊富で、学び多き楽しい時間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL