個人のお客様

個人向け人材育成・研修サービス

(1)グローバル人材育成講座『世人塾』

世人塾はグローバル人材になるための必須スキルを身につける、社会人向けの 3カ月短期集中プログラムです。
詳しくはこちら

(2)Luminaアセスメントツールを用いた個別キャリア相談

こんなことを思ったことはないですか?英国発のアセスメントツール Lumina
  • 自分の適職・強みが分からない、知りたい。
  • 自分のキャリアを見直してステップアップを図りたい。
  • 転職を考えているが進め方が分からない。
  • キャリアパスを明確にしたい。
英国発のアセスメントツールLuminaで自己理解を深め解決します!

Microsoft、Coca-Cola、三井物産など、世界の一流企業が導入しているアセスメントツールLuminaの診断結果をもとにコンサルティングを行い、自己理解を深めることで解決します。

こんなことが分かります!
  • あなたの強みや不得意分野が分かります。
  • 内在する自分と職場で見せている自分、ストレス下の自分を知ることができます。
  • 自分に合う仕事、絶対に合わない仕事を認識することができます。
  • 自分のコミュニケーションスタイルを知ると、注意すべきポイントを知ることができます。
コンサルティング内容
  • ルミナによる測定・診断
  • 診断に基づくコンサルティング
Luminaとは?p7_01

ユングの分析心理学とBig5理論の心理傾向理論をベースとした、ウエストミンスター大学による最新の実証研究をもとに、英国ルミナラーニング社により設計された、世界最新鋭の心理測定・自己分析ツール。

144問の質問に回答することで4つのカラーと24の行動資質、3つのペルソナを明らかにします。

4つのカラーでまずは大まかに、傾向をつかみます

  • きちんとしている、信頼性がある、客観的、根拠重視、細かい
  • 親密、協力的、合わせる、元気づける、他者に対しておだやか
  • 社交的, 独創的、エネルギッシュ、表現豊か、直感型
  • 目的意識が高い、直接的、競争心が高い、主導権をとる、タフ

24の行動資質と3つのペルソナで状況によって変化する自分を、比較します24のクオリティの詳細とあなたの傾向

3つのペルソナ:

  • 内在する自分 (自然体の自分)
  • 日常の自分 (職場で見せている自分)
  • 行き過ぎたときの自分 (ストレス下の自分)

右の表は、24の資質の詳細を数字と棒グラフで表しています。生まれ持った強み(内在する自分)を、職場(日常の自分として現れる)で生かせているかがわかります。また逆に、仕事に合わせて本来はあまり強くない特性を、無理して使っていないかも確認できます。

適職診断例

法務部マネージャーの方のケース

法務部マネジャーの方のケース

適職であることが判明

慎重・データ重視・体系が大切・内向的の組み合わせで、現在適職に就いています。タフさと戦略を描く力が足りないので、これ以上の出世を望まなければ成功します。転職にあたり、同じレベルのマネジャー職を選ぶことをお勧めしました。キャリアチェンジするか迷われていたので、そのままの道で正解とわかりホッとされました。

秘書の方のケース

秘書の方のケース

適性のない職業に就いているため、新たなキャリアパスを打診

社交的でタフ、人間関係重視で細部に注意が行きません。
上司から頻繁に、細かいミスについて怒られています。全く適性のない職業に就いているケースです。ネットビジネスに興味があり、集金・配送など細かいことをしてくださる方は家族にいるとわかったので、適性あるキャリア・パスに少しづつシフトすることをお勧めしました。

前職IT企業のセールスの方のケース(休職中)

前職IT企業のセールスの方のケース(求職中)

3択からプロジェクトマネージャーの道へ

一見、セールスに向いていそうですが、データを詳しく読むと、「競争心」があまりないと分かります。少し興味があるカウンセラーの仕事は、共感力が低いので向きません。様々な職業が可能なタイプで、強みである「規律&データ重視、結果を出したい」を生かし、プロジェクトマネージャー、経理、購買の3択となりました。興味・状況に合わせ、最終的にはプロジェクトマネージャーの道を歩むことになりました。

料 金

¥ 20,000 (税別)/1時間
※事前にオンラインでアセスメントツールの質問に解答して頂きます。
※遠方の方はスカイプでのコンサルティングも行っています。

お申込み

お申込みフォームへ

お申込みから受講までの流れ

  • – 受講料を銀行振込で事前にお支払い頂きます。
  • – オンラインで質問に回答して頂きます。
  • – フィードバックの日時を設定し、対面もしくは SKYPEで1時間ブリーフィングさせて頂きます。

お客様の声

大事な岐路で、正しい決断が出来てほっとしています。

自分の専門エリアでの自信はあったが、諸々の事情で転職を考えていました。自分では漠然とベンチャーに行きたいと思っていましたが、妻に安定できる大企業からのオファーを取るべきと言われ、迷っていました。確かに、40代で立ち上げのベンチャーに挑むには、体力・精神力が足りないような気もしていたからです。そんな時、Luminaに出会い、明らかにベンチャー向きで、大企業では芽が出ないと、理由も納得するように教えてもらえて、心から感謝しています。大事な岐路で、正しい決断が出来てほっとしています。(O.M. 40代男性)

職場での注意点に納得できた。

Luminaで自分が、適性のある分野にいるとわかって、まずはほっとした。ただ、コミュニケーションスタイルが、あまり人間関係重視ではなく、周りにいる人から人情味に欠けると思われているかもしれないと、はっきり出たのにはびっくりした。確かに、部下から「クールですね」と、あまり良い意味ではなく言われることが多い。職場での注意点として、改善できるように少し努力しようと思う。転職に関しては、人事が何を見ているのか、採用する側の論理を教えてもらえたことが大きかった。無意識に、自分を売ることばかり考えていて、採用する側が何を考えているかに注意を寄せていなかった。(S.I. 30代男性)

(3)英文履歴書の添削

多くの相談者が、履歴書を選考する人事部採用担当のために書くという視点を持ち合わせません。1万人以上を面接し、その10倍以上の英文履歴書に目を通し、選考した経験から、「忙しい採用担当に、丁寧に読んでもらえる」英文履歴書作りをサポートします。

p8_01

料金

¥10,000(税別)

お申し込み

お申込みはこちら

お申込みから受講までの流れ

  1. 受講料を銀行振込で事前にお支払い頂きます。
  2. 履歴書をWORD形式で送付いただきます。
  3. 基本的に48時間以内に、成果物をお返し致します。(海外出張の移動などと重なる時は事前にご相談させていただきます。)

お客様の声

 有名な外資系企業の人事部長をなさっておられたご経験から、採用担当者が履歴書を見る際の視点に立った有用なアドバイスをたくさんいただきました。

特に、1)「採用担当者にとっての読みやすさ」のポイント、2)「採用担当者が重視する」ポイント、3)「自分自身が気づかなかった」強み、そして4)「採用担当者の心に届きやすいアピール」の仕方については、目から鱗が落ちる内容でした。ありがとうございました。(東京都 S.S様)

 外資系への転職にあたり、履歴書や面接のポイントを教えてもらい自信がつきました。

外資系の会社で働きたいと思っていましたが、日系の企業とは選考方法が違うと思い、何がどう違うのかを理解する必要性を感じていました。履歴書を作成するに当たって、気をつけるべき細かい点、面接の際のポイントを学べました。自信がついた気がします。参加して本当に良かった。(オーストラリア K.T.様 ワークショップ参加者)

 履歴書は自己満足のためではなく、企業の人事の方のために書くという基本を再確認でき、よかったです。

自分の履歴が人事の方から見て、内容・書き方ともに十分なのか知りたかったというのが、受講の動機でした。履歴書は自分の自己満足のために書くのではなく、企業の人事の方のために書くという基本を再確認できました。読み手にとって読みやすいフォーマットとは、どのようなものなのかがわかって勉強になりました。(東京都 M.T.様 ワークショップ参加者)

(4)模擬面接(日本語・英語どちらでも可能)

外資系企業の人事畑に25年、採用する人事が何を見ているか、どんな点を見ているかなど、採用する側の論理を理解し、さらにいくつもの業界を経験したコンサルタントが模擬面接を実施し、修正点をアドバイスします。外資系面接では、どのようなことを聞かれるのか、どの程度自分をアピールする必要があるのか、英語に切り替わることはあるのかなど、不安に思われている方にお勧めです。

料金

日本語 ¥15,000(税別)/ 1時間
英語 ¥30,000 (税別) / 1時間

お申し込み

お申込みはこちら

お申込みから受講までの流れ

  1. 受講料を銀行振込で事前にお支払い頂きます。
  2. お持ちいただいた履歴書を元に、模擬面接をまず1回行います。
  3. 面接官目線でのフィードバックをさせていただきます。
  4. もう一度、質問内容を変えて模擬面接を行います。
  5. フィードバックをさせていただきます。 (SKYPE対応可能です。)

お客様の声

初めての外資系での面接直前、英語で模擬面接をしてもらい安心して臨めました。

初めての外資系への転職で、リクルーターの方から「途中で英語になるかもしれない」と言われたが、英語力が高いわけでもなく何を聞かれるのか不安になり、直前にお願いした。講師が日本語からスムーズに英語に移行し、「あー、こういう風に切り替わるのか」と理解できたことが、本番であがらないですむきっかけとなった。「謙虚すぎます、もっとご自分をアピールしてください。例えば、今の質問はXXのように言い換えて答えてください。」と、フィードバックが具体的なこととが素晴らしく、本番で役立った。ありがとうございました。(Y.Y. 30代男性)

TOEIC750点、英語での模擬面接2回でコツをつかむ。

日常会話ならよいのですが性格的にあがり症ですし、最終面接が英語になり、自信がなかったのでお願いしました。1回目のフィードバックで「慌てて早口になってすぐ途切れるなら、少しゆっくりマイペースでも途切れない方が英語が上手に聞こえます」とか、「面接官の話を聞いている時うなずき過ぎで、英語に慣れていない印象を受けます」など、気づいていなかった英語でのコミュニケーション上の癖を指摘して頂けたので良かったです。2回目の模擬面接では、1回目と全く違う質問をされてドキドキしましたが、慌てないで臨機応変に対応しないといけないとしっかり自覚できました。(M.K. 30代女性)

(5)英語でのプレゼンテーション特訓コース

残念ながら、日本人は学校教育の過程でプレゼンテーション力を学ばずに育ち、英語力はあってもプレゼンテーションは不得意です。AT Globeが主宰するグローバル人材養成塾・世人(せじん)塾の多くの受講生がプレゼンテーションに苦労しています。
英語圏は、自分の意見を人前で明確に話せることを求めます。例えば、 10分や20分の短いプレゼンテーションでも、その良し悪しでスピーカーの能力・業績が評価されてしまいます。プレゼンテーション力は必須のビジネススキルです。 25年に及ぶ外資系企業勤務で得たプレゼン力と、さらに人事で鍛えた鋭い観察眼を駆使して、個人指導をいたします。

目的

プレゼンテーションを構成する要素について理解し、個人の方の癖、足りないところをどう補うかを徹底的に個人指導させて頂きます。

内容

p10_01

  • – 事前準備したプレゼンテーション TAKE1
  • – プレゼンテーション:聴衆の分析
  • – プレゼンテーション:組み立てる
  • – プレゼンテーション:スライドを作成する
  • – プレゼンテーション:デリバリーする
  • – プレゼンテーション:Q&A
  • – Take 4まで個別指導
私が指導させていただきます!p4_01

私は、もともと性格的にプレゼンは大の得意。さらに外資系企業で25年を過ごし、英語でのプレゼンテーションを徹底的にトレーニングされています。日本DHLの人事本部長だった時、ドイツ本社からCEO以下12名が来日しました。選ばれた3人のプレゼンターのうち唯一の日本人で、プレゼンが終わったとき、”That was excellent.” と当時のCEOに言ってもらえました。自身が努力して身につけたプレゼン力と、人事で鍛えた鋭い観察眼を駆使して、個人指導をさせて頂きます。
AT Globe 代表取締役社長 鈴木美加子

所要時間

4時間

費用

¥60,000(税抜き)

お客様の声

具体的に指摘され、どう直したらよいかも教えてもらえて非常に良かった。

海外のお客様に経営者としてプレゼンテーションをする機会が多く、以前、グループでのプレゼンテーション研修には出たことがあった。理論はわかったが、自分にどう当てはめたら良いかが腑に落ちないまま終わってしまったので、今回、Mickyさんの外資系企業でのキャリアに惹かれて個別指導をお願いした。自分が、そんなに頻繁に”Uh”と言っていること、Q&Aの時にうなずきが多いこと、スライドの文字量が多くインパクトもないことなど、具体的に指摘されて、どう直したらよいかも教えてもらえて非常に勉強になった。「経営者には、経営者に相応しいスライドが必要」を、忘れずに実践するつもりでいる。(50代男性、経営者)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント